会社に合わせて利用できます

タイムレコーダーのメリット

会社経営をしていると意外に厄介な業務となるのが社員の勤怠管理です。勤怠管理を徹底していないと、社員の給料の計算などの経理を行うときに面倒なことになってしまうことが多々あります。それを効率化できるのがタイムレコーダーです。タイムレコーダーを導入することで社員一人一人の出勤時間と退勤時間を管理できるため経理が楽になります。正社員の場合は残業代の計算が行いやすくなりますし、パートやアルバイトの場合には時給の計算が簡単になります。タイムレコーダーにはアナログというイメージが付きまとうことがあるのですが、非常に使い勝手がよく業務の効率化が行えるのでオススメです。また最近ではタイムレコーダーにもIT化が進んでいることもあり、利便性はますます高まっています。

タイムレコーダーのIT化

従来のタイムレコーダーは紙のカードに印字していくものが一般的でした。しかし最近のタイムレコーダーはパソコンで記録が付けられるようになっており、クラウド上でデータの管理が行えます。仕組としては非常に単純で、社員がICカードをタイムレコーダーにかざすことでデータがクラウド上に保存されるようになっています。データはパソコンからいつでも確認が可能です。さらに、クラウド上のデータからそのまま給与計算も行えるようになっているため業務の効率化になります。またICカードは専用のものを作る必要がなく、普段利用している定期券などのICカードを利用することが出来ます。そのため紙のカードのようにカードの管理をする必要もなく、紛失する心配もありません。