勤怠管理の将来性

タイムカードの集計は労力が必要!

従業員が数名の会社の場合、タイムカードの集計はそれほど時間も掛からず勤怠管理を進める事が出来ます。
しかし、従業員が100名や500名の会社の場合、タイムカードの集計作業にかかる工数は膨大なものとなりますし、集計ミスも発生しやすくなってしまいます。
タイムカードの集計の中でも残業時間を集計する作業は、給料に反映させる重要な作業でもあり、ミスが生じてしまうと問題にも繋がります。
タイムレコーダーには時刻を記録するなどの目的がありますが、タイムカードを使わずに社員証などのICカードを使う、生体認証を使うなどの勤怠管理システムも登場しています。
ICカードや生体認証による記録はパソコンに記録が行われているので集計などは自動化を図る事が可能です。

専用のソフトが要らないシステム

勤怠管理システムを導入すればタイムカードの集計作業などがなくなる、集計ミスがゼロになるなどのメリットに繋がります。
しかし、専用のサーバーを社内に入れるとなるとサーバーの構築や管理を行う専門家が必要になります。
勤怠管理システムの中でもクラウドを使ったシステムは、サーバーの構築や管理者などが不要なもので、勤怠管理を進める中で、従業員のパソコン内に専用のソフトをインストールしなくても良いのです。
クラウドを使う事で、遠隔地にある拠点を一括管理する事も可能になります。
複数の拠点を持つ企業などの場合、それぞれの拠点内で勤怠管理を進めて行く必要があります。
しかし、インターネットの接続環境を利用すれば、勤怠管理を一元化する事が出来るようになるのです。