こんなことに役立つのです

タイムレコーダーの役割とは?

タイムレコーダーは入退社時刻を記録するために使用する設備の一つです。
入退社時刻は従業員一人一人の勤怠管理に利用する情報で、従業員の立場では会社の規定通りに入退社を行っている証明になります。
会社にはそれぞれ1日の所定労働時間が決められていますが、所定労働時間を超えて仕事をしている場合には残業手当を受け取れます。
会社側も、従業員が残業をしている場合、残業時間を正確に集計し、当月の給料に反映させる義務、残業手当を支給する義務があります。
尚、タイムレコーダーで入退社時刻を記録する方法にはタイムカードが一般的です。
タイムカードには入退社時刻が記録してあるので、日々の勤怠をチェックすると同時に、残業時間を集計する時の情報として活用出来ます。

ICカードなどを使うタイムレコーダーもあります

タイムレコーダーにタイムカードを挿入した時、挿入時刻を所定欄に記録してくれます。しかし、従業員が多い企業などの場合、タイムカードの枚数は従業員の数だけ必要になります。しかも勤怠管理の工数は膨大なものとなりかねません。
従来は、人力での勤怠管理が主体となっていましたが、最近はICカードを使えるタイムレコーダーも登場しており、勤怠管理の工数削減、集計ミスを防止出来るなどのメリットを持ちます。
ちなみに、ICカードは従業員一人一人に支給が行われるので、タイムカードのように代理打刻を防止する効果にも繋がります。
ICカードをタイムレコーダーのハードウェアにタッチすると、コンピュータに入退社の記録が行われる、自動集計が可能になるなどのメリットを持ちます。